不用品を処分したいと思ったら!知っておくべき情報まとめサイト

不用品として処分できるのはどんな物?

不用品の定義と分類方法

引っ越しや模様替えの際、大きな不用品が出てしまうことが多いです。
家具や電化製品といったものは普通のゴミと違い、家庭で簡単に捨てることが出来ません。
日常的なゴミ捨てよりも、厳しくルールが定められています。

どのような手順で捨てればよいのか、処分方法に困ってしまう方も多いでしょう。
そもそも「不用品」と分類されるものは何なのか、具体的に分かりづらいかもしれません。

不用品は、その種類によって処分の仕方が異なります。
粗大ごみとして捨てられるものもあれば、業者に頼んで回収してもらうものもあります。
電化製品やガスを含んでいるもの、ガラスや陶器で出来ているものは思わぬ事故に繋がるため、特別な処分方法がとられています。
自分が捨てようとしているものはどう分類されているのか、あらかじめ知っておきましょう。

また、自治体によって処分方法や費用・時間帯などが異なります。
居住している地域のルールについて、よく調べておくことが大切です。
不用品の回収までの手順や手数料について把握しておくと、スムーズに行うことが出来ます。

業者に回収をお願いする際も、気を付けておくべきポイントは沢山あります。
悪質な業者に引っかかってしまうと、料金を多く取られてしまうだけでなく、個人情報の漏洩に繋がる恐れもあります。
また、違法な回収業者に頼んでしまい、いつのまにか犯罪に巻き込まれてしまった、なんてこともあります。
トラブルを防ぐ為にも、悪質な業者の特徴を知っておきましょう。

このサイトでは不用品として処分できる品目や、具体的な処分方法、回収してもらうまでの手順をまとめてあります。
トラブルを防ぐ為にも、大まかな流れや注意すべきポイントをおさえておきましょう。

不用品の定義から処分方法まで

そもそも「不用品」とは、どんなもののことを言うのか、ピンとこない方も多いかもしれません。 不用品には様々な分類があり、それによって処分方法も変わってきます。 不用品と呼ばれるものの定義と、分類の仕方について把握しておくと、処分までの流れがスムーズになります。

回収してもらうまでの流れを把握しよう

不用品の処分を検討しつつも、実際はどのように段階を踏むべきか悩まれる方も多いのではないでしょうか。 処分方法は主に粗大ごみとして出すか、業者にお願いして回収してもらうかの二種類です。 それぞれの処分方法の特徴や注意方法、回収までの流れを把握しておきましょう。

処分する前に!気を付けておきたいこと

ものの捨て方は、法律で細かく定められています。 特に電化製品・車・灯油といった発火事故に繋がりやすい製品は、特別な処理方法がとられています。 また、回収を行う業者にも特別な許可が必要となっています。 不用品の処分に繋がる法律や注意点について、おさえておきましょう。