不用品を処分したいと思ったら!知っておくべき情報まとめサイト

>

不用品とはどんなもののこと?

「不用品」とは壊れてしまった家電といった、ジャンク品のことです。
まだ使える状態で必要の無くなったものは「不要品」と表記されるので、漢字の使い分けに注意しましょう。

不用品として回収してもらえるものは、ベッドやソファといった家具や電化製品・自転車・楽器など、様々です。
一般家庭にあるものなら、基本的にほとんどのものを回収してもらえます。

電化製品などはデータの消去が必要だったり、法律によって処分方法が細かく決まっていることが多いです。
また、まだ使えそうなものの場合は、リサイクルショップ等で買い取ってもらえる場合もあります。

自分の処分したいものは何に分類されるのか、どのように処分すべきなのか、適切な処分方法を調べておきましょう。

分類について確認しておこう

不用品は、その性質によって処分方法が異なります。

家具・衣類・書籍といったものは、比較的簡単に処分できます。
規定の大きさや重さの範囲内であれば、粗大ごみとして出すことができます。
サイズの大きなものの場合、解体してから処分することもあります。

しかし、ガラスや陶器などの割れ物や、ガスを含むもの、電化製品等は、特別な処理が必要となります。
粗大ごみのようにそのまま捨てることが難しいため、注意が必要です。
自治体によってルールが異なるため、必ず自分の住んでいる地域の分別方法を確認するようにしましょう。

処分したいものが複数ある場合は、粗大ごみとして出せそうなものか、業者に回収してもらうものかで考えると、仕分けやすいです。


不用品の定義から処分方法まで

この記事をシェアする