不用品を処分したいと思ったら!知っておくべき情報まとめサイト

>

粗大ごみとして出す場合

粗大ごみは、自治体によって出し方が異なります。

多くの場合、まず電話予約又はインターネットによって、収集の申し込みをします。
捨てたいと思っているものについて伝え、粗大ごみとして出せるものなのか確認しましょう。
次に、品目に沿った金額の手数料納付券を貼り付け、指定された場所に出します。

通常のごみのように、予約や手数料無しで収集してもらえるわけではないので、覚えておきましょう。
一度に出せるものの数や、日付・時間の指定に注意が必要です。

また、自分で処理施設に持ち込むという方法もあります。
自宅付近まで回収をお願いするより、手数料が安く済む場合が多いです。
自分で運搬や荷下ろしを出来る場合は、こちらも検討してみるとよいでしょう。

業者に回収してもらう場合

粗大ごみは分類や手数料が細かく設定してあり、全てしっかり確認するのは面倒なものです。
また、大きく重いものを外に運び出すのは大変、という方も多いでしょう。
不用品回収業者を利用すると、それらの手間を省くことが出来ます。

業者を利用する際も、電話またはインターネットで申し込みをします。
その後、業者が家まで来て不用品を回収してくれるため、労力はほとんどかかりません。
不用品はなるべく玄関に近い部屋にまとめておくと、回収作業が手早く終わります。
また、捨てるつもりのないものと混ざらないように、回収してほしいものをハッキリ分けて置いておきましょう。

自分で持ち込む方法に比べると多少費用はかかりますが、運搬にかける労力と時間を考えると、業者に頼む方が楽かもしれません。


回収してもらうまでの流れを把握しよう

この記事をシェアする