不用品を処分したいと思ったら!知っておくべき情報まとめサイト

>

知っておきたいリサイクル法

不用品回収に関わる法律は、主に2つあります。
テレビや冷蔵庫など比較的大きな家電に関わるのが「家電リサイクル法」。
パソコンやデジタルカメラ、タブレット端末などは、「小型家電リサイクル法」が定められています。

これらの法律は、捨てられてしまうものの中からまだ使えるパーツや材料を回収し、リサイクルするために定められたものです。
こうすることで廃棄物の量を減らし、資源の有効活用に繋がります。

この法律によって指定されているものを処分する際には、「家電リサイクル券」の記入が必要となります。
また、収集にかかる費用に加えて、別途リサイクル料金が発生します。

電化製品は家具などと違い特殊なパーツが沢山入っているため、粗大ごみのように捨てることは出来ません。
正しい処分方法を調べ、適切に処分しましょう。

無許可の回収業者に注意!

通常、一般廃棄物処理業を行うには、市町村長から許可を得なければいけません。
しかし中には、許可を得ないまま処分を行っている悪質な業者も存在します。

こういった業者が回収した後のごみを不法投棄したり、不適切な処分方法によって環境破壊を行ったという例があります。
不用品が不法投棄されてしまうと、自分でその責任を取らなければいけません。
知らない内に犯罪に加担していた…なんて事にならないよう、十分注意しましょう。

また、回収されたものの中から個人情報を盗まれてしまうなど、怖いトラブルに巻き込まれてしまう恐れもあります。

安すぎる値段設定や、ホームページ上の記載が怪しい業者は、極力利用しないことをオススメします。
業者に回収をお願いする際は、その業者が自治体の許可を得ているのか、おかしな点がないか、よく確認しましょう。


処分する前に!気を付けておきたいこと

この記事をシェアする